×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

::::::032話〜036話 アニメーションの表示編:::::: 管理人 シンプルスター(Simplestar)

DirectX 10 の難しい部分をすっ飛ばして、簡単な命令で描画できるようにするライブラリ(SimpleDX10)を作成します。 これが完了したら次は Blender より出力した SimpleXML のファイルフォーマットを策定します。 さらに、これを読み込んで描画用のデータへ変換するツール(SimpleConverter)を作成します。 SimpleConverter は内部で SimpleDX10 を使用しています。 本編では変換後のデータを使ってスキンメッシュアニメーションを表示するところまでをまとめています。

032話 ライブラリの作り方

ライブラリ?
DirectX10の仕様を確認したところ、設定することが多くて扱いづらい!ここは、簡単に扱えるライブラリを用意したいですね。そんなライブラリの作り方を解説。

033話 エフェクトファイル入門

ぐにゃり
DirectX 10 のサンプルを触るといきなりエフェクトファイル(.fx)を使用します。今回はエフェクトファイルの一部分である頂点シェーダを触ってみましょう。

034話 シェーダマテリアル@

さらり
ゲーム用のデータに変換するのはいいけど、実際にゲーム中でどのように描画されるのかを確認しながらモデルデータを編集できたら素晴らしいですよね。

035話 シェーダマテリアルA

初詣
BlenderよりXML中間データを出力して、そのXMLデータを変換してアニメーションをプレビュー表示するまでの記録です。半年もかかったぞ…

036話 シェーダマテリアルB

浮遊石
スキンメッシュアニメの表示が確認できたので、データフォーマットやデータ変換の詳細をまとめます。シェーダマテリアル完結話。

ページトップへ

Site Menu

Simplestar Game MENU

Copyright (C) Simplestar All Rights Reserved.